Yoler バーベキューコンロ・焚き火台はなかなかgood!

笑’sのB6君やキャプテンスタッグのカマドグリルのオマージュ、Yolerのコンロ・焚き火台を購入してみたお話。 鹿番長のカマドのB6版よりもちょっと大きい、鹿番長には付属しない炭ストッパー付きで、お値段は鹿番長と変わらず。 五徳、網、ロストル、収納ケースが付属は鹿番長と同じ。 お値段も鹿番長と同じくらいなので、お得感ありな商品です。 スペック 組立サイズ(約): 幅200×奥行155×高さ180mm 収納サイズ(約): 幅200×奥行155×厚さ26mm(グリルのみ) 幅245×奥行175... Read More

たぶん関連している記事:

スイス軍キャンドルランタンをオイルランプ化 [DIY]

スイス軍のフォールディングキャンドルランタンで蝋燭を使った後の掃除が面倒なので、オイルランプ化してみました。 使用した物 ショットガン シェル アルミパイプ シリコンシーラント コルク板 コットンの毛糸 実はDIYする前に、市販のミニオイルランプを使おうと思って購入したものの、径が数ミリ大きくて入らず…。(UCOのキャンドルランタンに使います…) そのランプ、構造がめちゃ簡単なんす。ただの筒に穴開けてるだけ。 これなら作れるべと言うことで、うちの中をゴソゴソしてたら、良さげなものを発見。 ショット... Read More

たぶん関連している記事:

SVEA 123で遊ぶ [ビンテージ]

ひっさしぶりに引っ張りだしてきました。1970年初期のSVEA123。 Max SievertがOptimusに買収された1969年〜1971年まではベポライザーにリングなしモデル。1972〜1973にリングが付き、1974年にクリーニングニードル付きの123Rと改良されました。 わたしの持っているものはリング付きなので、1972〜1973年に製造されたもの。クリーニングニードルが装備される前のモデルですが、詰まって困ったことはなし。分解しても部品が少なく、造りがシンプルなので壊れる気配がない…。 斜め... Read More

たぶん関連している記事:

ロシア・ソビエト軍 空挺部隊(VDV)キャンティーン キャップのメンテ [兵式飯盒]

ロシア・ソビエト軍 空挺部隊(VDV)の1979年製のメスキットのキャンティーンのキャップが劣化してお漏らしするようになったのでプチメンテ。 元々入っているシーリングのパッキンはゴム製で縁が裂けてきました…。_| ̄|○ ガクッ シリコンシートにしようかなと思ったんですが、手持ちのコルクシートが使えるんじゃね?と思い、カットして装着。1枚だと薄すぎてお漏らしするので、2枚重ねにしてみたところいい塩梅に。漏れもないっしんぐ!∠( ‘ω’)/ ちょっと厚めのシートのほうがしっ... Read More

たぶん関連している記事:

スノーピーク チタントレック900の蓋をプチ改造

 (。・д・)ノ☆⌒☆【祝】令和 スノピのチタントレック900の蓋はフライパンになってますが、ガバガバで収納袋の中で暴れてうるさいのでプチ改造しました。 使用するものは3.2ミリのポンチとハンマー。 フライパンの縁に2箇所ポンチで凸をつけて下側の鍋の縁に引っかかるようにします。 こんな感じ。2.3ミリや4ミリのポンチも使ってみましたが3.2ミリが1番塩梅がいいようです。 Snow Peak Trek 900 lid mod 振っても外れません*\(^o^)/* これで米炊い... Read More

たぶん関連している記事: