GT-Roller Q1.1を買ってみた [魅惑の4本ローラー]

仕事がバッタバタで思うように乗れていませんが、やっと少し落ち着いてきたので前から気になっていたグロータックの4本ローラー、GT-Roller Q1.1を購入してみました。

フォームが汚い

わたしくめの走りを撮影した動画を見てみると、カンチェラーラのような素敵なお尻がウネウネなフォームに加え、頭もフラフラしている!ということを発見。。。(→体幹がブレてる…)

この夏、アブローラーを使って体幹鍛えてたのにぃぃぃぃ…。意味なし (T . T)

固定ローラーのあの安定感に甘やかされて育った子だからでしょうか…。それともセンスがないだけなのでしょうか…それとも…(大汗)

もうこれは3本 or 4本ローラー買うしかない!

4本しか眼中にねぇ!

実は、グロータックさんが4本ローラーを発売した時から、超ーーーー気になっていたんですよ。

しかし!!!

欲しい、ホシイ、ほしい!という熱い物欲だけでなく、わたくしめの懐も一気に凍りつく、税込み95,000円というお値段…。機材なら兎も角(え?)、トレーニング用品にそんなにお金をかける価値が自分にあるのか…。

自問自答ループ… ∞

そんな中、11月の初旬にあったサイクルモードで、以前からまだか、まだかと期待されていた電子負荷装置とエレベーター装置がお披露目!(2018年4月末発売予定)しかも、コントロールユニットはBlue Tooth接続できて、スマホアプリからコントロール可能、おまけにZwiftもBTで出来るとな!

ほすぃぃいいいい!(ガジェット好きの男心に火がついた瞬間)

2018年モデルを見る限り、Q1.1はモデルチェンジしないっぽい?→来年あたりマイナーチェンジ来るかも…という期待が見事に砕け散る。モデルチェンジしたら、買おうと思っていた計画(お金を貯める時間稼ぎ)が破綻。。。

買うタイミングを見失い、自棄糞になったわたくしは、フォーム改造計画という大義名分にて、ポチりんこするのでありました。。。

ご利用は計画的に…

買おうと思ったら、Q1.1、品薄なんですよ!(人気なのか⁈)どこも在庫切れ…。

なので予約しましたよ。1ヶ月〜1ヶ月半くらい待ちと言われましたが…。

ということで、購入希望の方は、前もって在庫確認をオススメします。

正月休みまでに届けばいいやぁと呑気に待っていると、3週間ほど経ったある日、在庫確保できました!と連絡があり、数日後に到着。ちょっと早く納品していただいて、ラッキーでした。

ワクワクして商品の到着を待っていたんですが、クロネコのお兄さんが運んできた箱を見てビックリ、自分の部屋に運んでみてビックリ、開封してみてビックリ。なんか想像していたものより、サイズがデカイwww。いや、自分の部屋が狭いからデカく見えるだけか!_| ̄|○ ガクッ

重さ:13.5kg 

展開時:56cm x 136cm x 10cm

収納時:56cm x 74cm x 10cm

なりの威圧感なので、折りたたまずに自分の部屋のソファーの下にスライド・イン収納することにしました。→世界最薄?10cmの恩恵。

ブツについて

素晴らしいの一言!全てが計算され尽くされた、無駄を極限まで削ぎ落とした造り・本質的な部分を最大限活かすデザインだと思います。

流線的なフォルムなど色気は一切なし!賛否あるかと思いますが、わたしはこういうの大好き!

堅牢で日本の工業製品の凄みを感じさせます。

乗る前にホイールベースの調整(前輪の方のローラーの位置合わせ)が必要で、6角とトルクレンチがあったほうが良いです。

乗ってみたよ(1日目)

もう、怖いの一言。

壁から手を離そうとすると滑って落車するんじゃないかという感じに。本当に乗れるようになるのかしらん…。

この日は夜遅かったので、5分ほどで終了。

乗ってみたよ(2日目)

前日、あまりにも怖かったのでジョギングシューズにてトライすることに。

転んだ時のことを考え、壁を養生、ホイールも傷ついても良いように鉄下駄ホイールに履き替え、チャレンジ!

3本ローラーに乗るコツ

  • 目線を遠目に
  • 手は添える程度に→手でバランスを取ろうとしない(とても重要)
  • 体幹を意識して身体でバランスとる
  • 脚は内股気味に

という先人の知恵をヨウツベから授かり、気合いで壁から手を離すと…離陸成功〜!(離壁か…)

おぉー、走っていて気持ちいい〜!

↑本当にこれがファーストインプレッションでした。

実走と同じではないけれど、固定ローラーでは絶対味わえない感覚。乗っているではなく、走っている感じ!

アウトドアとインドアの区別を無くし、多くのサイクリストに思いっきり自転車で走ってもらいたい!GT-Roller Q1.1 これが道だ!

というグロータックさんの謳い文句は、誇大でもなく、本当にそう感じられます。スゲー。

気になる騒音・振動は?

先に結論から言ってしまうと、騒音とか振動の心配は無いっシング、マチ子先生です。

なにこれ、めちゃくちゃ静ちゃん!噂どおり!

固定ローラー、ミノウラLR760のほうが断然ウルサイ。(LR760は固定ローラーでも静かな部類に入るはず。)

勿論、無音ではないですよ。ローラーの回る音はします。しかし、ハイケイデンスで回しても、あのローラー特有の低音の唸り・振動が、とにかくマイルド!ローラーのシリンダー、ベアリングなどの精度が半端ないんでしょうね。

この静音性がGT-Roller Q1.1を購入した理由のひとつでもあります。

ローラー台を脇に設置した壁の向こう側の寝室に子供を寝かしつけていた嫁がいましたが、苦情は一切なし!(ちょっとでもうるさかったら、絶対文句言いに来るような、とても優しい嫁です。)

寝かしつけを終え、1階のリビングに移動した嫁から文句なし。(階下への振動もない模様)

Σd(゚∀゚d)ォゥィェ!!

防音・防振対策のマットやら、ブルカット2の購入を当初視野に入れていましたが、買わなくて済む〜!( ੭ ・ᴗ・ )੭

最後に

もう少し使い倒してから追記しますが、ProとConを。

Pro

  • 3本ローラー未経験者のわたしでも、すぐに乗れる安定性
  • 圧倒的な静音性
  • 磁石の簡易負荷付き(足りないようであれば電子負荷装置をadd-onできる)
  • 前側ローラーを持ち上げると登坂モードに

Con

  • お値段… 素晴らしい品質でお値段相当だと思いますが、もう少しお安かったら…(泣)
  • 踏み台がない。フレームの上に足をのせられない。→フレーム上に”Don’t step”の注意書きがありまして、踏み台がないと乗り降りが大変…。慣れると踏み台は不要になるのかも…ですが。

ということで、取り急ぎ、踏み台を自作 or 購入してみることにします。

お値段は高いですが、質がとても良いので、満足度が非常に高いローラーということは間違いなしです!

 

追記

[乗ってみたよ3日目]

10kmほど乗りました。途中、前の脱輪防止ローラーにタイヤが擦れて、怖くて停止。

ちょっとフラフラ左右にスライドしたりしますが、乗り出しの時以外は壁の補助は不要。

[乗ってみたよ4日目]

ZwiftAppleTVに対応しているとうことを知り、あぽーてぃーびーでZwiftやってみました。

脱輪防止ローラーにタイヤが擦れても、怖くなくりました。→擦れても続行

前日と比べ、フラフラすることも少なくなり、片手で汗を拭うこともできるように。しかし、ボトルの抜き差しがまだ怖くてできません。

固定ローラーの時と比べて、Zwiftが断然楽しい!

次は両手手放しの練習をします。

[乗ってみたよ 短期報告 最終編]

丁度いい幅の物がなかったので、2×4でかなりテキトーですが踏み台を自作しました。

というのも、5日目から壁を使わず、片足ペダリングで漕ぎ出し、もう片方をビンディングに嵌めるようなスタート方法にしたので。壁は卒業です。ニヤ(・∀・)ニヤ

6フィートの2×4で長さ280mm、幅178mm、高さの165mmの踏み台が1つできます。木材費、カット費、ネジをあわせて、800円くらいです。

下記、ご参考まで。

2×4 6ft(1820mm)1本を下のようにカット。

280mmx4本

148mmx2本

174mmx2本

ネジは75mmのスリムタイプを使用。(柔らかい木用)

乗り始めて6日ですが、両手放しができるようになるには時間がかかりそうです。

たぶん関連している記事:

投稿者: labocon

物欲に負けっぱなしです。