Leki Makalu Ultralite Air Ergo

10年以上も前にスノボーの巨大ランプで着地を失敗して以来、腰に爆弾を抱えています。おまけに左膝にも。

そんなことで、山にはトレッキングポールが必需品です。私の相棒は、レキのマカル ウルトラライト エアーエルゴです。5、6年使ってますが、故障もなくがんばってくれています。

故障と言えば、Lekiのサイトに困ったときの対処法がビデオで説明されています。(英語ですが、見るだけでも理解できると思います。) Leki、親切だなー。

なかなか丈夫

私が使用している物は、グリップが総コルクでなく、堅くて目の詰まったスポンジタイプの物です。コルクだと握っている部分が黒ずんでくるのでは?と勝手な想像で、スポンジタイプにしました。

このモデルしか使ったことがありませんが、スポンジグリップは満足しています。汗が乾いて白っぽくなる時があるのですが、洗えばすぐ乾きますし、使っているうちにボロボロになるかなと思っていたのですが、今のところヘタリもないです。

私は下りだけでなく、上りも使用します。

登りも4足歩行

足だけでなく、腕もつかいますので、推進力が得られ、歩くスピードがアップします。4本足歩行になるので、足、膝、腰への負担が軽減されます。もちろんバランスも取りやすくなります。ただし、岩場や急坂では使用しないほうが楽な場合があります。そんな時は、折りたたんでザックに収納、短い距離の場合はグリップについているバンドに手を通したまま、3点確保で登っていきます。

トレッキングポールを選んだ時のポイントとして、

1)軽い物

少しでも軽い方が腕に負担がかからないので、軽い物を選びました。長距離、長時間歩くのであれば、軽い方がいいと思います。

2)アンチショック付き

長時間使う場合、あるほうが負担が少ないでしょう。私のはショックをオン・オフできる機能が付いています。これ、あると便利ですが、なくてもいいです。

3)ロック機構がしっかりしているもの

ポールを伸縮するときのロックの構造がしっかりしてるもの。当時、いろいろなレビューを読んで、不具合が生じていなか、タフさなどを調べました。

歩行での使用用途以外では、ツェルトや小さなタープの支柱としても使えるという利点もあります。

Lekiでも色々と種類があるので、比べて自分に合ったものを探すのも楽しいと思います。

4028173142798leki.jpg←Leki モデルリスト。お気に入りのモデルが見つかるかも。

↓ ポチッとクリック応援お願いします! ↓

にほんブログ村 アウトドアブログ アウトドア用品へ
にほんブログ村

たぶん関連している記事:

投稿者: labocon

物欲に負けっぱなしです。