Toaks チタン アルコールストーブは優れもの [キャンプ・登山]

Toaks アルコールバーナー

メリークリスマス!

これまで腐るほどソーダ缶、キャット(フード)缶、コーヒー缶などでアルコールストーブを自作してきましたが、Firebox Nanoが増えたのを機にチタンのアルコールストーブが欲しくなり、20年近くぶりに既製品のアルコールストーブを購入することにしてみました。

チタン製のアルコールストーブと言えば、Vargoとエバニューが有名どころですが、国内・海外のレビューを漁った結果… やっぱりToaksがいいなぁという結論に。

簡単にですが、Vargo、エバニューを選ばなかった理由として、

■ Vargo Triadは入れるアルコールの量が少ないと、本燃焼しないらしい。フルで入れても本燃焼までの時間が長いらしい。

■ Vargo Decagonはデザインが好みじゃないので却下。

■ エバニューは湯沸かしはトランギアより速いらしい。しかし燃費が悪いらしい。(ターボ仕様)

Toaksも物によっては作りが雑でピンホール調整が必要だったりするので、正直、どれも一長一短って感じですけどね…。(おいっ!)

前置きが長くなりましたが、Toaksのレビュー、いってみよー。

スペック

  • 重量:20g
  • 寸法:幅53mm x 高さ40mm
  • 容量:最大88ml。最適容量30〜50ml
重さなんてあってないようなもの。

 

手にとってみて最初の感想は、小さい!重さが感じられないくらい軽い。すげー!

ただの空き缶に見える…

 

二重ウォールになっています。フチに小さなピンホールが空いていて、毛細血管現象で吸い上げられたアルコールが穴が火を吹く仕組み。特に目新しい構造ではありましぇん。

可愛いスタッフサック付き

 

燃料させてみると、速攻で本燃焼になります。

ブルーフレイム🔥

 

このToaksのストーブ、消火・火力調整の蓋がありません。トランギアを持ってる方は、そのままトランギアの蓋がなかなかいい感じで使えます。でも、わざわざこれだけ持っていきたくない…。

Toaks + トランギアの蓋

 

早速、Firebox Nanoに入れてみましたよ。スカスカやw それくらい小さい!

チタン兄弟

 

使ってみて

ちょっと嬉しくてビアレッティのモカエキスプレスでコーヒー淹れちゃいました。抽出までの時間が…か、かなり速い… ∑(๑º口º๑)!!

 

超軽量高速湯沸かし器だ、これw ヤバイ、このセットで山に行きたくなってきた…。

トランギアと勝負!

Toaks VS トランギア

 

同量のアルコール燃料で、同量の水をどっちが速く沸かすことができるか、ちょっとテストしてみました。

結果…

Toaksのアルストのほうが速く沸かすことができました。そして、な、なんと!!!そのまま放置してみると、燃料切れになるまでの時間がToaksのほうが長い!ウヒョー!

ト、トランギアちゃんの存在意義が…。。。せめて沸かすのは遅いけど、燃費が良いとかならよかったのに…。

総評

火力調整が必要であれば、別途シマーリングが必要になります。でもアルミの空き缶とかで簡単に作れそう。というか、作ってみよう。*\(^o^)/*

機能的には自作でも高性能なアルストを作ることはできるので、チタンに拘りがない、もしくは自作するのが面倒でない方には不要かなぁと思います。

個人的には大満足。

投稿者: labocon

1991年に始めたスノーボードを皮切りに、登山、キャンプなどのアウトドア アクティビティーにハマる。 アウトドアでのアクティビティー、オススメのアウトドア道具、時々その他の個人的に興味のあるものを紹介しています。