バトニングも!フェザーも!調理も!できるナイフ [KA-BAR BK16]

ヘビーデューティーなBK2の弟分も揃えたいと思い購入したケーバー ベッカーのBK16ですが、特にデイキャンプの時に大活躍。

BK16

 

BK2と比べると、本当に可愛いサイズで、ちょーーーLOVE (*♥ω♥*) 持ってるナイフで2番目に好き。(1番好きなナイフは、日本伝統工芸士作のナイフ。)

では、スペックからの〜、レビュー!

スペック

・全長:約233mm 、ブレード長:約108mm、刃厚:約4mm
・重量:約175g
・ブレード材:1095 Cro-Van
・ハンドル材:ザイテル
・フルタング
・フラットグラインド
・Made in U.S.A.

使用感

重さ、長さ、刃厚、全てがバランスが良く、取り回しが凄くいいんですよね。使ってて心地よいんです。いつも側に置いておきたいと思えるナイフ。

日本人の為に作られたんじゃないか?と思えるくらい。使い勝手が良いサイズ感。サイコー!乁( ˙ω˙ 乁)

鋼材はBK2と同じく1095 Cro-Vanです。研ぎやすく、刃の持ちもよいです。

バトニングは針葉樹とか太めの枝とかは余裕。広葉樹はバトニングできる太さであれば力技ならいけますが、フラットグラインドなのでほどほどの太さまで。小型で軽いのでシンドイ時は、BK2の出番です。

フェザースティックは勿論のこと、調理にも使えちゃいます。\_(・ω・`)ココ重要!小振りなナイフの特権です。

ちょっとしたお外遊びのお供にぴったりんこ!なんだかんだ出番が1番多いのがこれ。BK16は万人受けすると思います。

カスタマイズ

BK2は黒だけですが、BK16は黒と茶色のハンドルが付属しています。気分に合わせて交換できます。

なんか、お買い得…。笑

交換には六角レンチの9/64インチが必要です。

イケテナイ点

BK2のシースよりはマシですが、無駄に長い。自作したBK2のレザーシースよりも長い…。

自作ハンドル&シースのBK2とBK16

いつか自作…と思ってますが、放置しています…。テンプレートを作るのが面倒くさいんですよ…。

とりあえず、そこまで困ってはいないけど、変えられるものなら変えたい…というレベルのシースです。

総評

BK2とBK16、セットで持つとコスパ最強セットが完成します。

BK2はセイバーグラインドで、コンベックスには劣りますがバトニング◎。BK16はフラットではありますが、太くて硬い薪じゃなければいける。(キャンプ場で売っているような薪なら余裕。)

あとフラットグラインドなので、スライシーで調理に使いやすい!

 モーラのコンパニオンHeavy Dutyと比較して、一回りくらい大きい。

 モーラはワンコのご飯の鶏の解体用にしか使ってませんが、試しにバトニング比べるしてみたら、少しデカい分BK16のほうが圧倒的に楽にバトンできました。モーラの次に別のナイフが欲しい…という場合のナイフとしてもいいんじゃないかなぁと思います。

 

投稿者: labocon

1991年に始めたスノーボードを皮切りに、登山、キャンプなどのアウトドア アクティビティーにハマる。 アウトドアでのアクティビティー、オススメのアウトドア道具、時々その他の個人的に興味のあるものを紹介しています。