Firebox Nanoでミニマルに [アルストにも焚き火台にも]

Bushcraft EssentialsのBushbox LFを愛用していますが、更にコンパクトに…ということで、 Firebox Nano Gen2 Titanium X-Caseセットを買ってみました。 スペック 幅・高さ: 8cm x 12cm 重さ: 116g(ケースセット+ストーブ本体) ボックスセットの中身・説明書・布製ポーチ・缶ケース・ストーブ本体・カーボンフェルト・カーボンフェルト用ピン 2本・アルコールストーブ用ピン 2本 Bushbox LFって、どち... Read More

たぶん関連している記事:

軍幕に薪ストーブ [俺のかまど]

これまたちょっと前のお話…。くそ暑い夏に、薪ストーブを買ってしまいました…。嫁と子供が帰省中。気兼ねなくポチっ!そう、この機会をずっと待ち望んでいたのだwww 薪ストーブを選ぶにあたり、かなり色々と調べ、検討した結果… モキ製作所の小さい薪ストーブ、俺のかまどをチョイス! 薪ストーブを選ぶ際のポイントをご紹介しながら、なぜ俺のかまどを選ぶに至ったか、お話したいと思います。 ポイント1:鉄 or ステンレス 以前コッヘルの選び方でもちょっと書きましたが、鉄は熱伝導率、蓄熱量ともに非常に高い金属です。錆びやす... Read More

たぶん関連している記事:

ソロだけでなくファミキャンにも使えるポンチョテント [NVA軍幕]

ちょっと前のお話。GWの前半は草津〜万座温泉に行ってきました。後半はファミキャン行くぞ〜ってことで、新幕を調達! 子供が生まれる前は嫁+わんこ達で山岳用テント、子供が生まれてからはテント常設のキャンプ場を利用していましたが、いつも利用しているキャンプ場はGWの予約ができず…泣 うちには山岳用テントx3とヘネシーハンモックしかない…。山で使っているエスパースのマキシム・ナノは3人までいけちゃいますが、キャンプで使いたくない…というか、雑魚寝しかできない!無理! ということで、ソロでも使えそう... Read More

たぶん関連している記事:

ロシア・ソビエト軍 空挺部隊(VDV)キャンティーン キャップのメンテ [兵式飯盒]

ロシア・ソビエト軍 空挺部隊(VDV)の1979年製のメスキットのキャンティーンのキャップが劣化してお漏らしするようになったのでプチメンテ。 元々入っているシーリングのパッキンはゴム製で縁が裂けてきました…。_| ̄|○ ガクッ シリコンシートにしようかなと思ったんですが、手持ちのコルクシートが使えるんじゃね?と思い、カットして装着。1枚だと薄すぎてお漏らしするので、2枚重ねにしてみたところいい塩梅に。漏れもないっしんぐ!∠( ‘ω’)/ ちょっと厚めのシートのほうがしっ... Read More

たぶん関連している記事:

チタン?アルミ?ステンレス?鉄?アウトドアでのコッフェル

20年ほど前、住んでいたアメリカで登山を始めた頃、チタン製のクッカーが初めて世に登場しました。BackpackerやOutsideと言った雑誌でも”Ultralight”というコンセプトが取り上げられ始めたのもその頃だと思います。 登山においては今尚「軽いは正義」だと思っていて、チタン製品は2001年あたりに初めて買ったMSRのTitan potのセットから始まり、所持している調理器具のほとんどがチタン製です。 キャンプにおいては自転車か車で行くので、重さはそ... Read More

たぶん関連している記事: