SVEA 123で遊ぶ [ビンテージ]

ひっさしぶりに引っ張りだしてきました。1970年初期のSVEA123。 Max SievertがOptimusに買収された1969年〜1971年まではベポライザーにリングなしモデル。1972〜1973にリングが付き、1974年にクリーニングニードル付きの123Rと改良されました。 わたしの持っているものはリング付きなので、1972〜1973年に製造されたもの。クリーニングニードルが装備される前のモデルですが、詰まって困ったことはなし。分解しても部品が少なく、造りがシンプルなので壊れる気配がない…。 斜め... Read More

たぶん関連している記事:

ロシア・ソビエト軍 空挺部隊(VDV)キャンティーン キャップのメンテ [兵式飯盒]

ロシア・ソビエト軍 空挺部隊(VDV)の1979年製のメスキットのキャンティーンのキャップが劣化してお漏らしするようになったのでプチメンテ。 元々入っているシーリングのパッキンはゴム製で縁が裂けてきました…。_| ̄|○ ガクッ シリコンシートにしようかなと思ったんですが、手持ちのコルクシートが使えるんじゃね?と思い、カットして装着。1枚だと薄すぎてお漏らしするので、2枚重ねにしてみたところいい塩梅に。漏れもないっしんぐ!∠( ‘ω’)/ ちょっと厚めのシートのほうがしっ... Read More

たぶん関連している記事:

スノーピーク チタントレック900の蓋をプチ改造

 (。・д・)ノ☆⌒☆【祝】令和 スノピのチタントレック900の蓋はフライパンになってますが、ガバガバで収納袋の中で暴れてうるさいのでプチ改造しました。 使用するものは3.2ミリのポンチとハンマー。 フライパンの縁に2箇所ポンチで凸をつけて下側の鍋の縁に引っかかるようにします。 こんな感じ。2.3ミリや4ミリのポンチも使ってみましたが3.2ミリが1番塩梅がいいようです。 Snow Peak Trek 900 lid mod 振っても外れません*\(^o^)/* これで米炊い... Read More

たぶん関連している記事:

チタン?アルミ?ステンレス?鉄?アウトドアでのコッフェル

20年ほど前、住んでいたアメリカで登山を始めた頃、チタン製のクッカーが初めて世に登場しました。BackpackerやOutsideと言った雑誌でも”Ultralight”というコンセプトが取り上げられ始めたのもその頃だと思います。 登山においては今尚「軽いは正義」だと思っていて、チタン製品は2001年あたりに初めて買ったMSRのTitan potのセットから始まり、所持している調理器具のほとんどがチタン製です。 キャンプにおいては自転車か車で行くので、重さはそ... Read More

たぶん関連している記事:

激軽チタンプレートはフライパンとして使うべし![Toaks]

Toaksのチタンプレートをお皿としてというよりは、フライパンとして使ってみたく購入してみました。 スペック 190mm x 29mm 61g 意外と深さはあります。お鍋(しゃぶしゃぶ、すき焼き)をするにはちょっと深さが足りないかな。パスタソースとかなら余裕です。 お一人様鍋の時にはチヌークのフライパンがあるので、お鍋をしたい時はそっちが活躍します。 このチタンプレートは、どちらかというと焼く用に欲しかったんす。(肉とか) 凹凸がありますが、見た目ほど差はないです。 普通に... Read More

たぶん関連している記事: