エアロプレスで至福のコーヒーを [ポータブル]

コーヒー大好き人間で、かなりの量を毎日飲みます。

山ではかなり頻尿になるので飲みませんが、キャンプで…ということで、以前GSIのグレイシャーケトルを買いました。家で豆を挽いてドリップでコーヒーを楽しんでいましたが、やっぱり大好きなエスプレッソみたいな濃いコーヒーが飲みたい…。

そこでアウトドアで濃いコーヒーが抽出できるエアロプレスを購入してみました。

リサーチしてみるとポータブル エスプレッソ メーカーではレバーで圧を高めて抽出するnanopressoが人気のよう。しかしながら、壊れるというレビューもちらほらあり、却下。稼働するパーツが多いので、仕方ないことだと思います。

シンプルな構造のものを買うしかない…。ということで、更に調べてみると、ハイエンド機種のPortapresso(Rosso)がかなりレビューが良い。しかし、お値段(送料入れて5万くらい)もさることながら、重量もヘビー。こりゃ無理だ_| ̄|○ ガクッ

最終的に、海外のOutdoor Gear Labのアウトドアで使用できるコーヒーメーカー(ドリップも含む)の比較テストを参考にしました。

比較テストの中ではエアロプレスがテイストカテゴリーで1位。\_(・ω・`)ココ重要!

エアロプレスで淹れて提供するカフェもあるくらいなので、それだけ美味しいコーヒーが淹れられることに関しては納得。

シンプルな構造なので壊れる心配なし、掃除も簡単、味も良し、淹れ方に様々な方法がある(淹れ方・味がより楽しめる)、重さも軽いという点がチョイスしたポイントです。ちょっと嵩張るけど、オーバーオールでみるとエスプレッソ風のコーヒーをアウトドアで飲みたいなら、ベストチョイスだと思います。

買い揃えたもの

[本体のエアロプレス]

これが本体。とってもコンパクトではないけど、マキネッタよりは小さい・軽い。結構熱いプラスチック製なので、ラフに扱っても割れることはなさそうです。

キャンプの時だけの使用だと勿体ないので、普段は会社で使っていますが、同僚からも「アウトドアで使うやつですか?」と聞かれたほど。見た目がコーヒーメーカーっぽくないからか… 笑

[ステンレスフィルター]

エアロプレスにはペーパーフィルター付属ですが、コク、まろやかさ、風味を出すコーヒーの油分まで吸ってしまわないよう金属フィルターを別途購入。このフィルター、目の粗さがスタンダードとファイン(細)の2種類ありますが、より圧をかけて抽出したいのでファインをチョイス。

[トラベルキャップ]

トラベルキャップは、これをつけることでエアロプレス本体の中に豆を収納して運べるようになるので購入。あとインバート方式と言ってエアロプレスを逆さにして淹れる際、安定します。

[手動ミル]

家では電動ミルを使っていますが、挽きたてのコーヒーを楽しみたいので、手動ミルを買いました。

アウトドアでのミルと言えば、ポーレックスミニ。しかし、お値段が高い!調べてみるとパール金属とキャプテンスタッグのダブルネームのミルのレビューがかなり良い!お値段半額で、挽いた豆の違いもポーレックスと変わらないようなので、こちらを購入。ただ、臼・刃が壊れたら捨てることになりそうです。その点ポーレックスは交換パーツがしっかりあるのが安心。まぁ、とりあえずこれを使い倒してみます。

豆の挽きはまずまずです。値段からしてこんなもんでしょう。20gくらいまではいけます。

[ドリップポットの代替品]

エアロプレスはコーヒーのレシピが沢山ありますが、どれも豆や水の量をしっかり計算して抽出しているので、嵩張らないドリップポットとして、100均の計量カップを買いました。

エアロプレスは一度に多くても200ccくらいしか使えないので、300ccまで計れる熱湯対応のものに。味気ないですが、まぁ機能面ではバッチリ!

[サーモス ステンレス タンブラー]

ホット・アイス共に楽しみたいので、サーモスのステンレス タンブラーを買いました。1個で買うより2個セットを買うほうがお得なので、2個セットで購入し、ひとつは自宅、もうひとつは会社に。

蓋がないからなのか、ホットの保温性はイマイチです。魔法瓶のようにはいきません。というか、まぁ、こんなもんでしょう。その代わり、アイスはなかなか。

[計量スプーン]

エアロプレスに計量スプーンは付属していますが、豆を保存するジャーの中にも入れておく用のスプーンを買いました。キャンプには持っていかないけど。(重いから)このデザインが結構好み♡

Hario 計量スプーン

インバート方式でやってみる図↓

持ち運びセット(エアロプレス、ミル、豆ケース、計量カップ、計量スプーンなど)を100均のバッグに入れたらこんな感じ。小さくはないけど、許容範囲です。

参考動画

気になるお味

お湯の量、豆の量、お湯の温度、豆の重量の組み合わせで、エスプレッソ風から芳醇な濃いブラックコーヒーまで抽出できます。

エスプレッソ風の場合、豆20g、お湯50g @ 82度で、クレマ付きのエスプレッソ風のコーヒーが抽出できました。味は合格点ですが、引き続き研究の余地あり。

もうちょっと量が欲しい時の濃い目のブラックの場合、豆20g、お湯200gで、そのままストレートでもよし、お湯を更に足してアメリカーノのするもよし的なコーヒーが抽出できます。

上記、2つの方法とも、豆はマンダリンの深入りを使用しています。ざっくりした説明ですが、攪拌の回数、蒸らしの時間などでも差が出てくると思います。そこら辺はお好みで調整ください。

総評

抽出されたコーヒーをストレートで飲むもよし、ミルクをいれてラテにするもよし、お湯を足してもよし。薄っぺらい味になりません。

いやー、いい買い物をしました。飲むだけでなく、淹れることを楽しむ時間は優雅なひと時です。

お値段も安い、そこそこコンパクトになる(キャンプ・日帰り登山くらいまで。泊まりの山にはちょっと持っていきたくないサイズ)、掃除もそこまで苦にならない。

買ってからは毎日オフィスで、週末は自宅に持ち帰って…と活用しまくりんぐです。笑

たぶん関連している記事:

投稿者: labocon

物欲に負けっぱなしです。