GSI グレイシャー ステンレス ケトルを買ってみたが、びっくりした件 [焚き火]

ケトルだけは不要…とずっと買わないでいたんですが、子供と野遊びすることが多くなり、鍋でご飯用意して、同じ鍋で湯を沸かして〜の作業が面倒になってきたので、ケトルを買っちゃいました。

沢山持っている鍋をもう一つ持っていけよって話なんですが…汗。マジ無駄遣い!と心の中で罪悪感のようなものを感じつつ購入。

検討したケトル

下記、検討したポイントになります。

  • 二人〜で使うので容量1リットル前後
  • ツルの部分が固定できるもの(できれば)
  • 蓋がでかい(鍋としても使える…まだ鍋…言うか…)
  • 焚き火に突っ込んでも使える

色々と調べて、最後の2つに絞ったのが、スノピのケトル No.1とGSIのグレイシャーケトル。

スノーピーク ケトル No.1
出典:Amazon
GSIグレイシャーステンレスケトル
出典:Amazon

GSIにした理由が、ツルの部分が固定できるから。ツルの部分の凸があるので、吊るす時の安定感を重視。そして容量がGSIのほうがちょっと多い。

GSIのアルミのエクストリームティーケトルも同じような容量で重量も軽く、見た目も好みだったのですが、焚き火でガンガン使えるか不安。あと蓋の部分の口が小さいんですよね。より鍋っぽく使えるのがグレイシャーのほう。グレイシャーは250缶入りますが、ティーケトルは入らないようです。グレイシャーは、250缶入るんですが、蓋を閉めると少し浮く…(꒪ω꒪υ) 許容範囲ですが。

950mlで264g。手に持った感じ、重いとは感じません。わたしは持って行きませんが、山に持って行ってもいいと思えるレベル。

イマイチなのが、本体と蓋の密着具合の精度がちょっと悪いこと。まぁ湯を沸かすのに支障ないので、気にしないことにします…。

ケトル単体で販売されているものは収納袋がありません。持ち運びの時に蓋が取れてしまうので、こんなものを5分ほどで作っちゃいました。

ヌメ革のハギレに小さい穴を開けて、ツルの両端の突起に引っ掛けられるベルト〜 *(^o^)/*

逆さにしても蓋はしっかりホールドされます。使ってるうちに革が伸びてくるはずなので、これが使えなくなったら、ステッチを入れて補強したものを作ってみます。

実際に使ってみて

子供が春休みで帰省しているので、ひとりでキャンプに行ってきました。

結果、「無駄使い…」の罪悪感を吹っ飛ばしてくれましたw

鍋で何とかなるからいらん…と食わず嫌い的にずっと拒んできてましたが、あるとすごく便利w

注ぎ口がついてる、ツルがついてるのがここまで便利とは!

コーヒーの利尿作用に敏感で山では全くコーヒーを飲まない人ですが(下界ではかなり飲みます)、キャンプでは気にしなくていいので、今回コーヒーを淹れました。特に今回、夜は氷点下まで下がったので、暖かい飲みものに救われました。夜はコーヒーにブランデー入れてマッタリ、朝は1番に火起こしして、川のせせらぎと鳥の鳴き声を聞きながらのコーヒー。至福の時でした。

まぁ、当たり前のことなんですが、鍋だけよりも、フライパンがあったほうが便利だったり、鍋にしても用途に応じて深さや大きさを選べるほうが便利。ケトルもそういう感じです。

猛烈に「これ買って良かった!」と思わせるものではありませんが、キャンプでの時間をちょっと豊かにしてくれるアイテムだと思います。


GSI ジーエスアイ グレイシャー ステンレスケトル

posted with カエレバ

楽天市場で購入
Amazonで購入
Yahooショッピングで購入

たぶん関連している記事:

投稿者: labocon

物欲に負けっぱなしです。