自作 ファイヤーマント [焚き火]

焚き火をやると服が臭くなったり、火の粉で化繊の衣類に穴があいたり…。

BE-PALに作り方が載っていたので、帆布でファイヤーマントを手縫いで作ってみました。

使ったもの

  • 帆布11号 巾110cm x 175cm
  • バイアステープ 8ミリ
  • イージーステッチャー
  • ミシン針 16号
  • 糸 30番
  • チャコペン
  • 接着テープ 6ミリ
  • ボタン 20ミリ
  • レーシングポニー

作り方

帆布を切り出し、端がほつれてこないようにバイアステープで留め、最後にボタンを付けるだけ。

1番楽な方法は、接着剤付きのバイアステープを使用する方法。縫うのはボタンの部分のみ。しかしながら、接着剤の強度などが未知数。

2番目に楽な方法は、ミシン。端は包んでミシンがけorバイアステープをつけてミシンがけ。

最後の方法が、バイアステープを仮止めして、ひたすら手縫い。帆布11号だとそこまで厚くないので、普通の手縫い針でもいけそうですが、多分指がめっちゃ痛くなると思います。そこで、イージーステッチャーというミシン縫いが出来る手縫いマシンを使用してみました。

昔からある定番のスピーディーステッチャーの改良品がイージーステッチャーになります。スピーディーステッチャーより千円ちょいくらい高いです。

正直、どちらを購入しても出来栄えは変わらないと思います。イージーステッチャーの良いところはスリムで保管スペースを取らない&取り回しがやりやすそう、セッティングが楽という点だと思います。(ボビンはスピーディーステッチャーでも内蔵させなくても使えます。)

手縫いしてみてわかったこと

其の一

チャコピーとルレットを買って、縫う場所に印をつけて綺麗に縫おうと思ったのですが、印を付けるのがかなり面倒なので、やめました。適当でもなんとかなります。笑

其の二

当初、ミシン針11号で縫ってましたが、針が折れました…。14号でもたわむので、16号で縫うと雑に扱っても安心でした。

あと、横着して、帆布を手にもって縫っていたのが失敗でした。布にテンションがかけにくいので、縫うスピードが亀並み…。

完全まで半分手前からレザークラフトで使用するレーシングポニーを投入したら、2倍〜3倍近いスピードで縫えました…。レーシングポニーがない方は、万力でもいいので挟みながら縫うことをオススメします。

其の三

バイアステープと糸の色が同じ色だと縫い目が汚くても、遠目から見るとバレにくいです!笑

其の四

糸が絡んで玉ができたり、ミシン針のほうに糸が絡まったりすることがあります。気がつかずに縫い進めると、糸を切ってセッティングをイチからやり直し…になってしまうので、チェックしながら縫いましょう。

最後に

気合い入れれば週末2日間で完成できると思います。

ただの長方形の一枚布なので、エプロン腰に巻いてもよし、ブランケットとして使ってもよし、薪を包んで運んでもよし、色々使い勝手が良さそうです。

ちょっと羽織るだけでも暖かさアップするので、一枚あると便利です。

たぶん関連している記事:

投稿者: labocon

物欲に負けっぱなしです。