Aqua Quest 3×3 タープを買って使ってみた。[ディフェンダー]

ひっさしぶりに幕系を購入。

山岳用テント3つ、ヘネシーハンモック1つ、ツェルト1つ、モンベルのデカいタープ 1つを既に所有している中で、本当に必要なのか…と悩んだのですが、買ってみました。

というのも、このタープは、ヘネシーハンモックで埋められない穴を埋められるもの…と期待したからです。

ヘネシーハンモックって、軽い、コンパクト、設置が簡単で素晴らしい幕なんですが、丁度いい木が2本ないと使えない=セッティングの環境を選ぶんですよね。

その点、タープだとほぼどこでもセッティングができる。もっと自由なのです。(あ、ツェルトも同じ感じなんですが、オレンジ色…ステルスキャンプできないので…)

どのメーカーにしよう

選択肢が沢山あるなかで、2つに絞ったのがDDタープとアクアクエストのタープ。

いつもなら、「軽いは正義!」で、軽量なものを選ぶんですが、登山で使うことはないので、今回は軽さより耐水性とコーティングで選んでみました。

比較してみると…

DD Tarp 3×3 Aqua Quest Defender 3×3
コーティング PU TPU+DWR
素材 ポリエステル ナイロン
耐水性 3,000mm 20,000mm
重量 790g 1640g

コーティングの違いですが、PUよりTPUのほうが加水分解しにくいので、Aqua Questの勝ち。おまけにDWR加工もされています。

素材の違いに関しては、どちらも一長一短があるのですが、強度的に言えば、ナイロンのほうがポリエステルより圧倒的に強いです。耐摩擦性においてもナイロンの勝ち。紫外線に関しては、ポリエステルのほうが耐性があり変色しにくいです。

耐水性は、比べ物にならないですね。圧倒的にAqua Questの勝ち。ブリヂストンさんのサイトによると、レインウェアーにおいて、小雨や小雪を凌ぐためには5,000mm、雨・雪は、10,000mm、登山などでは最低20,000mmが選ぶ基準とのことで、DDタープの3,000mmはちょっと心許ない…。

重量に関しては、2倍くらいになってしまいますが、生地の頑丈さがかなり安心感を与えてくれます。(アマゾン記載の重量は正しくないことがあるので、メーカーのサイトで確認したほうが良いです)手で持つとちょっとズッシリ感はありますが、バックパックに入れると気にならない。ちょこっとお出かけなら、ロードバイクの時でも行けそう。\(•ө•)/♪

Aqua Questは、軽量なGuide(675g)とSafari(850g)も出しています。Guideが40Dナイロン、SafariはDefenderと同じ70Dナイロンですが、コーティングがダブルシリコンとPUになります。(加水分解が…)どのモデルでも20,000mm耐水とのことで(ほんまかいな?)、DDタープを選ぶならAqua Questを選んだほうが幸せになれそうです。

一緒に購入したもの

アクアクエストのタープは付属品がついていなかったので、下記も一緒に購入。(一番最後にリンク貼っておきます。)

  • タープポール
  • ポールエンド
  • パラコード
  • カラビナ
  • レジャーシート
  • ペグ

ポールは万が一、長い枝が見つからない時のお守りとして、購入。塗装もしっかりでクオリティーはいい感じです。お色はゴールドにしました。

パラコードはリッジライン用(10m)とガイライン用(3m)に。リッジラインは反射無し、ガイラインは反射有りにしました。

カラビナは、こんな感じで、リッジラインとガイラインに取り付け。これで設置・撤収が楽になります。プールジックはリッジラインはちょっと長めの50cm &ガイラインは45cmのパラコードを切り出して作ってます。

気持ち厚みがちょっとあるレジャーシートはグラウンドシートとして使用。ポンチョにもなるので、子供と一緒の山にも持っていけるところがいい!

ペグは山用のペグを無くしたら嫌なので、安いやつをタープ用に買いましたが、見た目、MSRのground hogと大して変わらんw(重さはground hogのほうが軽いです)

あとはタープをポールエンドから保護するボール。4個入り〜。

設置してみたよ

フルクローズ出来る張り方やってみました。ポールの長さは120cm。中は大人が2人がギリギリ寝転べる広さ。ソロなら荷物も中に入れられる広さです。

今回、16リットルのバッグと本日届いたチタンキャンティーンで来てみました。

タープ、レジャーシート、ポール、ペグ、ロープ類、シェラカップ、エンドロックが入ります。ラーメンとかの軽食ならまだ入る感じ。

今日は風は時折吹いてましたが、気温も低くなく穏やかな天気でした。タープの中で子供とちょっとお昼寝したり、快適に過ごせました。風が強い寒い日でも結構いけそう。

枝も結構あったので、次はBushboxで料理しながらマッタリしてみたいと思いますー。

たぶん関連している記事:

投稿者: labocon

物欲に負けっぱなしです。