モントレイル サビノトレイル・ミッド GTX [軽い]

日帰り用のLowa レネゲードのソールが経年劣化でペコペコと浮くのを発見したのが、塔ノ岳にいく数日前。急いで買ったのが、Montrailのサビノトレイル・ミッド GTX。でも、この靴、当初欲しかった靴ではないのです。

買うつもりでいたのは、Vasqueのブリーズ・ミッド。クライミングシューズにも使用されているステルス ソールを採用しているので、濡れた岩場でも強いそう。さかいや、ICI、Lブレスに行くも他のVasqueのモデルはあるものの、ブリーズ・ミッドの取り扱いがなく撃沈。別の日に御徒町のOD BOXに電話で問い合わせたら在庫があるというのでOD BOXへ向かう。

OD BOXにてブリーズ・ミッドを試し履きをしてみると…足に合わない。細身の靴で、幅広の私の足に合わないじゃないですか…。試しにワンサイズ大きいのを履いてみると、フィット感がよくない。片足、サイズ9で822gというのもちょっとなぁ。

じゃ、しょうがないということで、第二候補のサビノトレイル Midを履いてみると、幅広に作られているとのことで足にぴったり。しかも442gと軽い。うむむ、かなりフィット感がいいでないですか。ということでお買い上げ。

モントレイルの商品説明↓

サビノトレイルをベースにしたゴアテックスシューズです。ミッドカットモデルながら足首の自由度は高く、サポート性能と機敏さを絶妙なバランスで兼ね備えています。ライト&ファストスタイルハイカーをオールマイティーにサポートするモデルです。
軽 量、柔軟性の高いシンセティックレザーとナイロン。メッシュのコンビネーションアッパー。ミッドソールは前足部にトレイルシールドと、アーチ部にサーモプ ラスティックシャンクを使用。デュアルデンシティコンプレッションモールデッドEVA。ミッドソールと前足部&ヒール部にクッションパッドを内蔵。グリプ トナイトアウトソールがウェット、ドライ時共にグリップ力を発揮。石などの侵入を防ぐガセットタン。

ソールはこんな感じ。

で、塔ノ岳に行く当日、スーパーフィートを入れて履いてみると…あれ、なんかちっとキツくない?あー、しまった!買いに行くときスーパーフィート入れて試し履きしてない!でも、血豆ができるようなキツさではないので、そのまま履いて行ってみることに。

運良く?雨も降って、濡れたコンディションでのテストは概ね良好でした。濡れた岩とか木の根っこの上では、ギュッギュッとソールが鳴っていました。全く滑らないことはないですが、滑りにくいソールだと思います。ビブラムソールではこんな風にギュッギュッと鳴ったことないし。

サイジングも思ってたほどキツくないみたいで、下山後も足の指に痛みなどはなかったのでよかったです。もう少し薄いソックスなどで解消できそうです。

先週の金峰山でも履いていきましたが、快適に登ることでができました。ただ、帰ってきてソールを見てみると、グレーの部分のギザギザが一部欠けてきています。もしかするとソールの寿命が短いかも?あと、モントレイルの説明にもありますが、Midながらも足首をフレキシブルに動かしやすいです。

シューレースがいい感じ。ギザギザパターンになっているので、緩みにくいデザインになっています。これはちょっと感動。

デザインが、いかにも山!って感じの色味、形でないので、ちょっとしたキャンプなどのアウトドアでも履いていけそうです。

楽天最安!送料無料!店舗より2000円ほど安く購入できます。

にほんブログ村 アウトドアブログ アウトドア用品へ

たぶん関連している記事:

投稿者: labocon

物欲に負けっぱなしです。